内職・在宅ワークランキング

はたらきねっと NEW
SSL
ジョブメイトNEW

在宅支援サイトの紹介
在宅ワークの疑問
パソコンを使った在宅ワーク
在宅支援サイトへ無料資料請求
下記4社の資料請求は完全無料です
インターネットで在宅ワーク
手作業在宅ワークの種類
相互リンク
基本メニュー
お勧めリンク
■DTP・POP制作

DTPというのは「Desk Top Publishing」を略した言葉で、直訳すると「卓上出版」ということになります。つまり、PCを使って印刷物を作ることです。媒体は雑誌、単行本、広告、取扱説明書、商品のパンフレットなど様々です。

一方、POPは「Point of Purchase」の略で「買い物をする場所の広告」という意味です。

つまり、お客様の購買意欲をかきたてる広告を作る仕事です。

あまり知られていない商品を、いかにお客様の目をひきつけ、わかりやすく説明して、購買に結び付けられるか!これはPOP制作者の腕にかかっています。

お客様の目を引き付けるためには様々な切り口を見つけるのが大切です。メーカー側が考えた商品説明をそのままPOPにするのではなく、使う側の立場に立ってその商品のすばらしさをアピールできるものを作らなければなりません。わざわざ商品を手にとって見なくても、そのPOPを一目見ただけで商品イメージが沸いてくるくらいでなくてはいけません。

これを作るためには物理的なPCの技術はもちろん、イマジネーションや企画力などのセンスもPOP制作者にとって重要な要素です。 

DTPもPOP制作も、プロの制作者として、かなりの高度なPC知識が必要です。 

データで納品する場合、個人商店を対象とした簡単なチラシの場合は、WindowsデータでもOKですが、その他の場合はまだまだMACが多いので、特にMAC版のイラストレーターやフォトショップが使いこなせることは絶対条件です。またイラストなどの材料が必要になります。

仕事をする時間についてはその仕事によってまちまちですが、クライアントの打ち合わせも結構必要なので、午前中や午後にはその打ち合わせに時間を割くことがあり、実作業は夜に集中してやることが多いようです。

報酬はページ単価だったり、グロスでの請求だったり様々で、仕事によってかなり差がありますが、例えば、取扱説明書だと1ページ1,500〜3,000円位のようです。

人によっては、執筆、企画取材、撮影、デザインレイアウトまで全てを一人でこなす人もいます。そうなると、報酬の総額はさらにUPします。

内職支援サイトワークランキング

主婦・在宅ワーカーでも借りれるキャッシング業者を紹介




Copyrightc 2008 soho-qjin.com