内職・在宅ワークランキング

はたらきねっと NEW
SSL
ジョブメイトNEW

在宅支援サイトの紹介
在宅ワークの疑問
パソコンを使った在宅ワーク
在宅支援サイトへ無料資料請求
下記4社の資料請求は完全無料です
インターネットで在宅ワーク
手作業在宅ワークの種類
相互リンク
基本メニュー
お勧めリンク
■添削業務

主に通信教育の添削をする仕事です。進研ゼミ、Z会、旺文社などいろいろあります。あなたももしかしたら学生時代にお世話になったことがあるかもしれませんね。添削業務をするということは、これらの通信教育で俗に「赤ペン先生」と呼ばれている人になるということになります。

仕事の内容は会社や担当する講座(小学生用・中学生用など)、科目などによってかなり違ってきます。小学校低学年なら、マニュアルどおりに○×をつけていくだけでOKだったりしますが、高学年や中学生が相手となると、記述式の問題も増えてきて、生徒ごとにいろいろな表現をしてくるので添削にも頭を使いますし、時間もかかります。

この仕事をGETしたいと思う人は、通信教育の会社のホームページをこまめにチェックしてみてください。 

各社それぞれ不定期に、添削者募集の広告を出しますので、自分の希望する講座の募集があったら機会を逃さず応募してください。新聞の広告欄に載ることもごくまれですがあります。「先生」の仕事ですから当然採用試験がありますよ。これにパスしないと仕事は始められません。添削者になりたい人は意外に多く、けっこう難関だったりします。

採用試験でチェックされることは、まずは字です。字に自信のない人は練習しておきましょう。

ただし、美しければいいというわけではありません、心のこもった丁寧な字を書くことが大切です。最近ではインターネットを通じてパソコン上での添削をしている会社もありますが、まだまだ手書きが主流です。どんなに技術が進んでも、やはり人間は体温の感じられる温かい指導に心動かされるのです。丁寧な字で、生徒ひとりひとりに向けた温かいメッセージを書いてあげられることが、顔の見えない添削者として最も求められることです。

次に文章力。

志望動機や添削者としてどうありたいかを書く作文が必ず課せられますので、子供や保護者、会社が求めていることを的確に理解し、自分は生徒たちにどう向き合い、接していきたいかを自分の言葉を使って制限字数内でうまく述べられなくてはいけません。添削指導ではコメントを書く欄があるものがほとんどですので、限られた文字数でいかにわかりやすく伝えたいことを伝えられるかが非常に重要です。

添削において一番の人気科目は英語です。したがって英語の倍率はかなり高いです。「英語なら学生時代けっこう得意だったしぃー」とか「自分の勉強にもなるだろうしぃー」などという軽い気持ちで受験してはダメです!自分が本当に得意だった科目や出身大学の学科に関係のある科目に絞って、「その科目を生徒たちに教えるんだ」という責任感を持って受験しましょう。英語は元英語教師だったりして、英語の教育に長けた人がやはり合格率が高いようです。

添削業務の相場は1枚3円〜80円くらいのです。当然のことながら、難易度によって変わります。

生徒ひとりひとりにコメントを書くのはけっこう大変で、好きでないと続けていられない仕事ですが、生徒からの手紙を受け取るという嬉しい体験もあります。担当するのがどの年代の生徒でも、彼らの成長を手伝える、とてもやりがいのある仕事だと思います。教師を目指している人などはぜひやってみていただきたいです。

内職支援サイトワークランキング

主婦・在宅ワーカーでも借りれるキャッシング業者を紹介




Copyrightc 2008 soho-qjin.com